事務所便り

RITA税理士法人から関与先の皆様へ毎月お届けする「事務所便り」です。

 
 前略 7月を迎えいよいよ夏らしい暑さが続いている今日この頃ですが、皆様におかれましては益々ご健勝のこととお慶び申し上げます。
 さて 日本でもコロナワクチン接種は順次進んできているようで、1日あたりの接種回数も100万回以上と安定してきています。6月末現在で、全人口1億2千700万人中23,3%、その内65歳以上については61,9%の方が、少なくとも1回以上の接種を完了しています。政府の目標では7月末までに65歳以上の接種を完了し、10~11月までに希望者のすべての接種を完了させるということですが、このまま順調にワクチン接種が進んで、早く集団免疫の獲得が達成されることを期待しているところです。
 そんな中、驚いたのは政府の発表によりますと、2020年度の我が国の税収が過去最高を更新したとのことでした。特に法人税、消費税の伸びが顕著で反面、所得税は横ばいでした。これは製造業の大企業の業績がコロナ禍においても非常に好調であったということであり、飲食業、観光業や中小企業全般の業績は落ち込んでおりますので、企業業績は2局化「K字」の回復であったことがわかります。また7月1日発表された日銀短観でも大企業の業況判断指数(DI)はプラスに転じておりますが、これも輸出企業が全体を引っ張り、国内需要は低迷したままですので、製造業と非製造業とで「K字」の状態です。
 一方で、消費回復についてはワクチン接種が進んだ高齢者を中心として、今まで低迷していた観光業界や百貨店でも前向きな見通しとなってきています。人気の温泉地等では、すでに8月のお盆シーズンは満室の状態となっており、旅行業界大手でも秋以降の大幅回復を見通しているようです。このまま接種が進むことにより益々消費が促進され経済が回復していくことを心から期待しているところです。
 さて今月23日からは、いよいよ東京オリンピックです。海外選手団の入国も本格化してきておりムードも盛り上がってきました。開催については賛否両論様々だったわけですが、開催するからには日本中が大いに盛り上がって、景気にも大きく火をつけるような大会になってほしいものです。私もしっかりと観戦し応援していきたいと思っております。
 それにしても大リーグのエンゼルス大谷はものすごいの一言ではすみません。神がかっているとはこのことか、どこまで記録を伸ばしていくのか、こちらも毎日が楽しみな今日この頃です。暑い夏は外に出ないでお家でビールを飲みながらスポーツ観戦三昧で楽しみたいと思っております。 

                                                                                                                  草 々